看護師業務負担

看護師の業務負担の現状とは

看護師の業務内容としては、患者様の身の回りの世話や看護、治療上に必要な介助、医者の処置の介助、カルテの管理や記載、他職とのカンファレンスなどの様々な業務を抱えています。

 

 

しかもその一つ一つの内容が患者様の状態に合わせて行動しなくてはならなかったり、医者やカンファレンスの時間に割かれてしまうなどの様々な負担を抱えています。

 

 

そのため、カルテの記載などの自身の業務が行えるのは、休憩時間を割いたり、サービス残業を行って夜遅くまで仕事をしている所も多いのです。これには看護師の不足もありますし、高度医療社会の発展など様々な要素が関わっています。

 

看護師は様々なリスクも抱えている

看護師の多忙な業務の内容に加えて、看護師は業務の特徴上さまざまなリスクを抱えて仕事を抱えています。

 

 

水虫などの感染症は日常常に付きまといますし、患者様との血液感染や針刺し事故、当然患者様への投薬などの処置を誤れば命の危険にさらしてしまう可能性もあり、そういった精神的な負担も大きいのが看護師の業務です。

 

 

看護師自体の業務の多忙さゆえ、そういったミスは絶対に避けなくてはならないですし、国を挙げて看護師協会も看護師の業務内容の緩和や、給与面の対策などを行っている現状があります。

 

看護師の業務や求人に関する情報はこちらから!